働き盛りの、営業マンブログ

i5idmbso.exblog.jp ブログトップ

投与ミスで患者重体=抗がん剤、過剰に―九大別府センター(時事通信)

 九州大学病院別府先進医療センター(大分県別府市)は27日、抗がん剤を過剰に投与するミスがあり、70代の男性患者が意識不明の重体になっていると発表した。
 同センターによると、男性は食道がんの放射線化学療法を受けるため、4月12日に入院した。主治医の40代の男性外科医は参考資料を見誤り、抗がん剤を必要以上に投与する治療計画書を作成。薬剤室などのチェック機能が働かないまま、19日から約2週間にわたり計画書通りに治療が進められた。抗がん剤は2種類あり、それぞれ通常の1.5倍と2.8倍投与されていた。
 5月6日の血液検査で男性の白血球数などに異常が見つかり、投与ミスが発覚。男性は14日から意識不明の状態が続いている。 

【関連ニュース】
興和テバと日本化薬、バイオ後発薬の開発・販売で提携
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待

修繕積立金マニュアル作成へ=マンション適正管理を支援―国交省(時事通信)
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感―横浜地裁(時事通信)
500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
「種牛ビジネス」精液は高値取引(産経新聞)
[PR]
by ubqz4b1zq5 | 2010-05-29 10:36
line

営業マンです、最近ヒマが多くなっています。


by ubqz4b1zq5
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite